Blog

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ:シニアTAとTAの往復書簡②初回講義後のTAへ

こんにちは。
シニアTAの田中莉乃、上野真由、島崎茉子です。
今回は6/17の初回の講義についてシニアTAからのコメントです。

昨年度の田中莉乃の講義の様子。

【田中莉乃】
みなさんこんにちは。シニアTAの田中莉乃です。
初回の講義は緊張で一杯の中、準備してきたことをしっかり出してチームワークよく進められていたと思います。私のクラスのTAのみんなは、TAをやるきっかけが「当時の3年生がキラキラして見えて、自分自身もそんな姿になりたい」という想いを持っていることを知り、驚きと同時に、学生に対してTAの影響力は大きいことに感心しました。

今回初めて講義をする側として臨んで、思っていたより難しく、もどかしい思いもしたかもしれません。ですが、まだまだ挑戦して失敗して学んで成長する機会はたくさんあります。是非、志望した時の気持ちを忘れず、TA同士で協力して自分たちが誇れるクラスを目指してほしいです!

そのためにシニアTAとして全力でサポートするので、一緒に楽しみながら成長していきましょう!!

同・上野真由の講義の様子。

【上野真由】
みなさんこんにちは。1-B担当STA(シニアティーチングアシスタント)の上野真由です。
たくさん悩みながらたくさん準備をして試行錯誤した日々が懐かしく感じます。

さて、初回の講義ですが、去年とは違いオンライン授業ということで私たちもたくさん悩みながらアドバイスを行いました。TAの皆さんも不安を抱えながら準備をしており、とても緊張しているようでした。しかし、いざ講義が始まると堂々とした態度で進行し、完璧に作られたPPTで講義を円滑に進めていました。1年生も、オンラインという壁を感じさせず、楽しそうに参加していました。TAも1年生もどんな風に成長していってくれるか期待でいっぱいです!

同・島崎茉子の講義の様子。

【島崎茉子】
初回の講義お疲れ様でした!オンライン授業というイレギュラーな状況下で、初回を迎えるまでに少しでも不安を解消するために、たくさん準備をしてきたのではないでしょうか。私たちシニアTAも、ドキドキしながら講義を見守っていましたが、大きな問題もなく堂々と指導している皆さんの姿に安心しました。また、ギャップの王様のワークを経て次第に1年生の仲が深まっていく様子にホッとし、さらに笑顔が増えた皆さんが印象的でした。

初回ということで、「1年生は楽しんでくれたかな」「まとまった話ができていたかな」と不安に感じた人もいると思います。ですが、最初から完璧にできる人はいません。私も昨年度の初回講義を担当し、とても緊張しました。一歩ずつ着実に反省点を改善すれば、絶対大丈夫です。まずは皆さんが授業を楽しむことを忘れずに、これからの講義に臨むと良いと思います。次回さらにパワーアップした授業を楽しみにしています!

1+