Blog

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ:TAの第2回講義は「議論することに慣れよう」

みなさん、こんにちは!
1C担当TAの小山田と小林です。6月24日はTAによる第2回の講義でした。1CのTAは、小山田みやび、小林千夏、柳本華奈、山田沙英です。

第2回タクナル講義 発表タイム!

チーム内でまとめた意見と理由の発表タイム!

本日の講義では2つのワークに取り組みながら「議論することに慣れる」ということが狙いでした。クラスの学生たちは、前回のチームディスカッションの経験を生かして、今回は熱い議論を繰り広げました。

学生たちは、仲間の意見と自分の意見をどうやってすり合わせていくかを今回のワークを通して学んだはずです。オンライン上で発言するということは、タイミングがつかみにくいので大変です。ですが、こういう議論の場を通してオンラインのメリットを見つけて、各チームが掲げたポリシーを守りながら、今後も楽しく仲間と議論していって欲しいなと思います。

ワークの課題の一つに、「無人島に行く場合にライターやラジオ、ナイフ、毛布のどれを持っていくか、チームで議論をして一つに決める」、があります。議論の過程では「簡単に自分の意見を変えてはいけない」という条件があるのがポイントです。各チームでのワーク中、TAは意見を言うのではなく、「それぞれの選択肢の弱みと強みは何だろう」と考えが深まるような言葉を投げかけるようにしました。

チームポリシーの発表

各チームが個性溢れるポリシーを発表しました。

「ライターはオイル切れがあるし、いろんな場面で役立つナイフがいいと思う」など、自分の意見に根拠となる理由を付けて発表したり、相手の意見を尊重した意見が出ていて、私達も納得させられる議論が繰り広げられていました。次回も1年のみんなが自分自身が考えもしなかった意見で溢れる時間となりますように!

授業後に行ったミーティングでは、先生やシニアTAの方からアドバイスをいただきながら、次回に向けた改善点を考えています。回を重ねるごとにワンランク上の講義をできるよう、TA全員でレベルアップを図ります!

1+