Blog

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ:シニアTAとTAの往復書簡④自分の言葉で語ろう

こんにちは。
7月9日のTAブログに対するシニアTAからのコメントです。

昨年度の様子(尾花)

Cクラス尾花麻帆
7月8日・15日にかけて、これまでの授業を活用した上で1つのテーマから企画を考え、発表をするという授業を行いました。

TAからレクチャーされたものを初めて1年生が実践するこの回は、私がTAの時も1年生から様々なアイディアが出てきて面白かった印象があります。1年生が持っている力と学んだことをどう生かせているかが目に見えてわかるので、今回の課題をもとに1年生もTAも、もっと向上していければいいのではないかと思いました。次も期待しています!

昨年度の様子(猪又)

Aクラス猪又彩加
いよいよプロジェクト型の授業が始まりました。Aクラスではまだクラスメイトと交流が少ないことからチーム変えを行い、新チームで移動動物園の企画に励みました。今回から各チーム1人一回はリーダーを経験していきます。リーダーに挑戦しようか迷う姿や、立候補する姿が見られました。TAは各チームの企画がよりオリジナリティ溢れる企画になるように、リーダーズミーティングで「どうしたら1年生が企画の深掘りができるのか」を考え、どのようなヒントを与えるべきか判断し、適切なフィードバックができていました。

授業の進行にも慣れてきて自信がついてきたところだと思います。オンラインだと伝えたいことが上手く伝わらないもどかしさもあるかもしれませんが、これからは自分の言葉で実体験を交えながら語ることにも意識して取り組んで欲しいです。

昨年度の様子(堀川)

Bクラス堀川紗瑛
今までは1回の授業で完結していましたが、今回からは準備会と発表会の2回分が連結している授業へと変わりました。BクラスのTAはチームで工夫を凝らし、毎回進行はスムーズに行われ上手にファシリテート出来ています。そして、よりステップアップするためにはTAから1年生へのフィードバックが重要になります。リーダーズミーティングの際に、1年生の主体性をより高められるようなコメントをしてあげるとチーム議論が活性化し、独創的な発想が生まれやすく各チームの個性が活かされた発表会になります。このコメントの仕方は想像以上に難しく、私達も苦労をした経験がありますがぜひ試行錯誤をしてみて下さい。

1年生にとって発表会が楽しみな会になるよう、準備会ではしっかりと議論を深めらるよう促してあげましょう!

1+