Blog

ユニバーサルマナー検定について

 こんにちは。教員の飴󠄀善です。
 間もなく東京パラオリンピックが始まりますね。2020年度東京オリンピック・パラオリンピック開催に向け日本各地の交通機関や施設、街中のバリアフリー化が進み、ユニバーサルデザインの商品、建築物など益々増えて現在に至っています。
 学科では、2015年から毎年日本ユニバーサルマナー検定協会のご協力のもと、ユニバーサルマナー3級・2級の講習と検定を実施しています。現在は学科開催していますが、2015年度2016年度はゼミプロジェクトの一つとして株式会社ミライロと共にゼミ学生が主体となって開催したのが始まりなのです! バリアフリーについて知るだけでなく、ハードでは補えない、整備・設置が間に合わない状況でも、一人ひとりの心をバリアフリーにしていることが、できないことをできるに変えられる、やってみようにも変えられることへの気づきに繋がるユニバーサルマナー検定は、現在、未来のビジネス、社会を考え創造する上でも重要なこととして、学科開催となりました。毎年3年生中心ではありますが、学年を超えて受講し資格を取得しています。
昨年度(2020年度)は、授業がオンライン授業にもなったことから、実技講習を開催できず3級のオンライン講習会となり、63名が3級資格を取得しました。チャットの書き込みも大変多く、受講した皆さんが事前教材を予習して参加してくれたことがわかりました。
今年度も状況に合わせての開催を検討中です。