Blog

TAからの手紙 ~Season2~:⑫完 山田沙英(1C)

「TAからの手紙」、大トリを飾る12人目は1Cを担当した山田沙英です!

★TAを志望した理由
 私がTAを志望した理由は2つあります。
 1つ目はTAという仕事に、以前から憧れを抱いていたからです。1年生のときに一生徒として、TAの先輩方の授業を受けた際に「TAの先輩方はこんなにも教えるのが上手なのか」と衝撃を受けたのを未だに覚えています。その経験を受けて、私も先輩のようなTAになりたいと思い、今回志望させて頂きました。

 2つ目は自分を更なる高みへとステップアップさせたいと思ったからです。私は2年前期に昭和ボストンでウイングリーダー、後期にクラス委員を務めました。この2つの役職を経験して、リーダーの役割に留まらず他の役職にも挑戦してみたい、他のスキルも高めて今後の生活に活かしたいと日に日に気持ちが強くなりました。

 この2つの理由を以て私はTAを志望し、責任を持って最後まで全力で仕事をさせて頂きました。

タクナル第12回目のスライド(この日がラストでとても寂しかったことを覚えています)

★TAをやってみて
 実際にTAを務めてみて、最初は上手く教えることができず悩んでばかりでした。TAは言い換えると教師のような仕事で、まともに他人に勉強を教えたことのない私にとっては何もかも初めてで戸惑うことが多かったです。更に人生初めてのオンライン授業でただでさえ先生方も戸惑っているのに、私なんかが本当にTAの仕事を最後までやり切ることができるのだろうか、とネガティヴな考えに陥ってしまうこともありました。しかし仲間のTAと時間をかけて、じっくり反省をすることで次の授業では、私はどういう点に気をつけて授業を進めていったらいいのか気づくことができ、回を重ねるごとに反省点は少なくなっていきました。授業を重ねるごとに、自分の授業も自分自身も成長していることを感じることができ、とても嬉しかったです。
 授業を通して1年生の成長を感じる他に、以上のような自分自身の成長も感じられたことが印象に残っており、TAをしていて良かったと感じます。大変なことも沢山ありましたが、全ての授業を無事に終えた後にはとてつもない達成感がありました。また1年生から直接的にメールを受け取った訳ではないのですが、「先輩方の授業を受けていて楽しいです」という言葉を受け取り、私達のタクナルの授業が1年生にしっかり届いていることが分かり、その点でもとても嬉しかったことを覚えています。

タクナル第10回目のスライド

★TAを目指す学生へ
 他のTAが良いことを沢山話してくれているのであえて、シリアスなことについて言及したいと思います。TAを目指している皆さんに伝われば良いなと思います。

 TAを目指す2年生の皆さん、きっと沢山の子がTAを志望してくれていると思います。その中でもしかしたらTAに選ばれない子もいると思います。
ここで私が言いたいことは、「TAを目指す」という姿勢を持っているだけで、既にあなたは成長しているということを頭の片隅に入れておいてくれたら嬉しいなと思います。結果が大事なのではなくて、それを目指す過程がとっっても大切なのでもし結果が奮わなくても自分を責めるようなことはしないで欲しいなと思います。逆に頑張った自分を褒めてあげてください!

★1年生へのメッセージ
 1-Cの皆さん、お久しぶりです!
 まず初めに、最後まで私についてきて下さり本当にありがとうございました。オンライン授業という慣れない環境の中、毎週しっかりと参加して下さり、本当に嬉しかったです。授業で学んだタクナルの考え方は今後大学生活を送る上でとても役に立ちます。忘れてしまったら是非タクナルを開いて思い出してみてくださいね。

 もうすぐで2年生ですね。未だ新型コロナウイルスが猛威を奮っていますが、2年生では無理のない範囲で是非「新しいこと」に挑戦してみてください。自分の興味があることでも良し、未知なことでも良し、何かに挑戦することで自分の見たことのない景色を見ることができ、新しい感性や考え方を身につけることができます。そこで得たものはきっと今後の人生で役に立つはずです。3年生になったら就活で忙しくなるので、是非忙しくなる前のこの2年生の時期に新しいことに挑戦してほしいなと思います。

 LINE上で皆さんと繋がっているので悩みがあったら遠慮なく聞いてくださいね!

+3