Blog

【飛田ゼミ】インゼミ報告(前半)

皆さん、こんにちは!飛田ゼミ6期ゼミ長の佐藤夢歌と副ゼミ長の井上さゆりです。
私たちは11月19日(木)に早稲田大学商学部の梁取ゼミとインゼミ(インターゼミ)を行いました。インゼミとは、特定のテーマについて他の大学のゼミと議論しさまざまな考え方・価値観を突き合わせることで、自分たちだけではできなかった新しい発想を展開させようとするものです。

早稲田大学10号館のセミナー室(写真)に私たち4人(伏見さんは当日急に熱が出て参加できませんでした。)でお邪魔しました。梁取ゼミ10名の学生が温かく迎えてくださいました。ダイバーシティに関する私たちの問題提起にも、皆さん日頃の学生生活に即して率直にかつ丁寧に答えてくださりとても感銘を受けました。こういう時期なので、インゼミ後の飲食・交流は一切なく、ソーシャルディスタンスを保ってインゼミを行わなければならなかったのが、少しだけ残念でした。

今回はダイバーシティを推進することは本当に企業経営に立ってプラスなのか?また日本では女性活躍推進が提唱されているが、本当に必要か、どこに問題があるのか、何を変えるべきなのかを早稲田大学の方と考える事が出来ました。そして、お互いの発表の後には質問が飛び交い、とても有意義なものとなりました。議論の内容や感想については鈴木さんと川邊さんによる「インゼミ報告(後編)」でまた紹介します。

0