Blog

【飴善ゼミ】Bmaps杯に参加しました!

こんにちは

飴善ゼミ4年ミライロチームリーダーの星です。

私たち飴善ゼミは、株式会社ミライロ主催で3月15日から4月30日まで開催されたBmaps杯に参加しました。

Bmaps杯は、バリアフリー地図アプリ「Bmaps」が国際的に権威のある「ゼロプロジェクト会議」(エッスル財団(オーストリア)主催)にて、バリアフリー社会を目指した革新的な取り組みとして、賞を受賞したことを記念して開催されたイベントで、Bmapsを使って、企業(団体)・個人でバリアフリー情報の投稿数を競争します。

Bmapsというアプリは、株式会社ミライロが「行きたい場所」に「行けるのかどうか」を誰もが手軽に調べることができ、多様な方々が笑顔で外出できる社会を一緒に創っていくことを目的に開発し、私たち飴善ゼミも2016年から調査隊など開発途中からお手伝いさせていただいてきました。

今回のBmaps杯に私たちは、就活に奔走する4年生だけでなく、新たにゼミの仲間に加わった3年生、ゼミOGの1期生2期生の皆さんにもご協力いただき、総勢37名で参加しました。

就活の合間に立ち寄ったcaféを登録したり、友達と食事をしたレストランを登録したりと、各々が日常の中でバリアフリーを意識して生活をし、多くのレビューを投稿しました。

結果は、

■ベストバリアフリー部門(レビュー投稿数部門)

企業(団体)第6位

Bコイン獲得数 581コイン

■ベストインフルエンス部門(参加人数部門)

第8位

ユーザー数 37名

多数の参加団体の中で、両部門ともトップ10に入ることができました!

大勢の社員の方々が参加される企業もエントリーしている中で、この結果を得られたのは嬉しく思いましたが、反省も含めて、まだできる!もっとできる!と思えてもいます。

しかし、私たちにとって大切なことは、今回1か月半の投稿期間で、バリアフリーに意識して生活をし、Bmapsに投稿するという習慣をつけることができたということでした!

この意識をこれからも続け、イベント以外でも多く投稿できるよう心掛けて生活していきたいと思いました。

また、特設サイトには、「グッドレビュー賞」として3名の方の投稿が載せられています。必須事項以外の情報を多く投稿していたり、日本語と英語の2か国語で投稿していたり、3名の方から学ぶことが多くあります。

少しでも多くの方の力となれるようなレビュー投稿をできるように心がけていきたいと思います。

また、学科では今年も、6月9日にユニバーサルマナー検定3級2級の講習会と検定試験を開催し、総勢103名が受講する予定です。年々、受講者が増加していることも大変嬉しいことです!

Bmaps仲間も検定受講者も含めて増やしていこうと思います!

第2回Bmaps杯開催も決定し情報公開されているます。今度は私も3年ゼミ生にバトンタッチしていきたいと思っていますが、皆さんも是非参加してはいかがでしょうか。

詳しくは、下記のURLをご覧になってください。

Bmaps公式サイト

http://web.bmaps.world/

Bmaps杯最終結果

http://web.bmaps.world/topics/post-1586

0