Blog

前田ゼミ:入学式でのHoroHoroの販売手法を検討

打ち合わせはコンピューター教室で行いました。宣伝のためのウエブページを作成しつつ、当日の体制等も決めていきます。

みなさん、こんにちは。教員の前田です。
前回の投稿の続編です。3月13日の午前10時~14時半、4月2日の入学式で、HoroHoroを販売するための打ち合わせを行いました。参加したのは、ゼミ長の櫻井実花と大西由芽、中原梨奈です。
HoroHoroはフタコラボから仕入れて販売するのですが、それだけなら簡単ですし、ゼミで取り組むほどのことではありません。当ゼミの主テーマはICTの活用ですので、事前にウエブページ、SNS等を駆使して宣伝し、その結果のデータを収集して分析するところまでやります。
ポイントは、当日に購入して下さった方が、事前に宣伝に触れていたかどうかの確認です。過去2年は、どうしても良い方法が見つからずに苦労しました。入学式終了後に一斉に店に並ぶお客様をさばくので精一杯になるのです。ここでは記しませんが、新3年のメンバーは、かなりシンプルな解決方法を考え出しました。私にとっては目から鱗。実際に現場でworkするのを見るのが楽しみです。以下、打ち合わせ参加者のコメントです。

櫻井実花:こんにちは。ゼミ長の櫻井実花です。本日は先日のFukuFuku+の磯村さんとのmtg内容をゼミ生と共有し、販売に向けての準備を本格的に始動しました。大学の授業を通して学んだマーケティングの知識をフル活用して、如何に多く商品を売れるかをゼミ生と話し合いました。当日、新入生の皆さんに買って頂けるよう、魅力ある出店を目指して頑張ります!是非ご期待ください!!

大西由芽:少しずつ本格的にサイト運営に携わることができて嬉しいです。ホロホロ販売についても、自分たちでどのようにターゲットにリーチしていくか、販売数はどうするか等話し合い決めていくことは難しくも面白くも感じました。初めてのことにどんどん挑戦してさらにやりがいの感じるプロジェクトにしたいです!

中原梨奈:ホロホロを販売するにあたって決めなければいけないことを話し合い、当日使う物を作り始めたりして準備を進めました。初めてのゼミ活動で慣れないことも多いですがやりがいがあると思いました!

0