Blog

2018年度入学予定者のスクーリングを行いました

解決策を練る入学予定者の皆さん

皆さん、こんにちは。
教員の前田です。本日は、2月15日に実施したスクーリングのご報告です。
毎年この時期に、推薦やAO入試で合格した高校3年生向けに行っています。内容は、大学での勉強の準備として行ってもらっている国語と英語の課題の進捗状況の確認や講評、当学科の学びの特色の一つでもある「グループワーク」の体験、そして在学生による大学生活の紹介と懇談です。この日は、50名弱の入学予定者が集まってくれました。
グループワークでは、昨年度に続いて「2020年に訪日外国人旅行者数を4000万人にする方策を考えなさい」がテーマです。世界的なコンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニーが公表したレポートが指摘している課題を解決するアイディアを、グループ毎に練ってもらい、発表してもらいました。出てきたアイディアのうち、SNSの活用等はマッキンゼーのレポートでも例示されているものです。昨年度に引き続き、「良い感性」を持った学生が多いようで、頼もしいですね。

2年生4名がボストン留学の様子などを紹介しました。

グループワークの後は、2年次の学生による大学生活や当学科の特色についてのプレゼンと懇談です。懇談タイムは、入学予定者のグループに一人ずつ3年生か2年生が加わり「よろずQ&A」の時間となりました。
終了後のアンケートには、「先輩と話ができて、楽しかった」「知らない人とグループワークするのはとても楽しかったです」「同じ学科の友達ができてうれしかったです」「在学生から大学生活について詳しく聞くことができて良かったです」「グループワークでたくさん意見を出し合えてよかった」などと、有意義な時間にできたことが伺える記述が多く、主催する側としてもほっとしました。
入学予定者の皆さん、4月に元気な姿を見せてください。楽しみにしています。

0