Blog

【お知らせ】ビジネスデザイン学科 初めての就職状況について

ビジネスデザイン学科は2013年4月に発足し、来年3月に第1期生が卒業を迎えます。
現在1期生151名は真剣に就職活動に取り組み、多くの学生が就職先を決定しています(12月5日現在内定率85.4%)。

来年5~6月になれば、就職先の企業名がすべて公表されますが、ここでは一足先に1期生の就職先の概要について速報します。

■主な就職先(12月5日現在)

3大メガバンク(みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行)9人、ステート・ストリート信託銀行(総合職)、地方銀行、大手信用金庫、証券会社、損害保険会社、生命保険、カード、リース会社

郵船ロジスティクス(総合職)、SGホールディングス(総合職)、日本通運(総合職)、日本航空(CA職)、旅行会社、Plan・Do・See、富士通(総合職:challenge&innovation枠で)、富士ゼロックス東京2人、ジェイアール東日本企画、OPT、松竹、セールスフォース・ドットコム、金融庁、公正取引委員会

■概況

金融系のほか、内定先は幅広い分野に及んでいますが、企業規模の大小にとらわれず、自分の特性を活かせるような業種、企業に進む学生が目立つように思います。

すべての就職先をここで紹介することはできませんが、ビジネスデザイン学科の1期生たちはそれぞれ自分の進路にこだわりを持ち、自身の能力や才能が活かせる就職先を開拓し、社会に羽ばたこうとしています。

ビジネスデザイン学科

0