Blog

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:④島崎茉子(1C担当)

皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
「TAからの手紙」、四人目は1Cを担当した島崎茉子さんです。

 私は、ボストン留学から帰ってきて刺激的な経験が減ってしまったと感じ、何か新しいことを始めたいと思い、このティーチング・アシスタントに応募しました。

最初は、「授業の冒頭でどんな話をしたら興味を持ってくれるか」「どんな工夫をしたらより活発な議論ができるか」など、初めての教師という立場に戸惑い、苦労したこともありました。しかし、毎週、授業終わりに反省会を行い改善を重ねたことで毎回パワーアップした授業をすることができたと思います。この活動を振り返ってみると本当にあっという間で、今では、もう少しやりたかったという想いが湧くほど充実していた半年間でした。

◆これからTAをやる人たちへ
もし、TAをやろうか迷っている人は恐れずに挑戦するべきだと思います。この経験をすることで、一年生のサポートができるだけでなく自己成長につながります。TAは大変なこともありますが、それ以上に楽しいのでオススメです!頑張ってください!

◆一年生へのメッセージ
1Cのみんな、半年間という短い間でしたがとても楽しかったです。学校ですれ違った時に挨拶をしてくれたことや、授業について質問をしてくれたことは私のやる気に繋がりました。私たち三年生が教えたことが、少しでもみんなの役に立っていたら嬉しいです。1CのTAになることができてよかったです!留学に向けて引き続き後期も頑張ってください!

0