Blog

ドン・キホーテ×昭和女子大学の新商品アイデアコンペティションに参加

こんにちは。ビジネスデザイン学科3年の倉田真子、菊地真生、木村梓、小池由華です。

今回私たちは、総合ディスカウントストアのドン・キホーテ×昭和女子大学の新商品アイデアコンペティションに参加しました。春休み期間中に何度もミーティングを行い、10個のアイデアを応募しました。その結果、優秀賞をはじめ、入選、佳作に入賞することができました。

1回目のミーティングではブレインストーミングを行い、多くのアイデアを出すところから始めました。回を重ねるごとにアイデアの数を絞り込み、最終的に10個のアイデアが残りました。10個すべてのアイデアに磨きをかけるために情報収集を行い、今までにないクリエイティブなものに仕上げる努力をしました。しかし、私たち4人だけで市場調査を行うには難しい部分もありました。そこで、学科の先生からアドバイスをいただいて、より一層ミーティングの質を上げることができました。

商品が革新的なものであることに加えて、それをどのようにして実現可能なものに具体化させていくかということが難しく、苦戦しました。応募用紙にイラストを描き、さらにキャッチコピーを書くことによって審査員の方々に私たちの考えていることが伝わりやすくなるような工夫もしました。

 結果として、私たちが提案した案の多くが入賞できたことに大変嬉しく思っています。今回行ったブレインストーミングなどの活動は今後必要になるスキルに繋がる良い経験になりました。このような大変貴重な経験の場を作ってくださったドン・キホーテ様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

2015_04_14

0